コンテンツへスキップ

ザイフ(Zaif)の特徴と口座開設方法 Zaifとホリエモンの関係性について

Zaifってどんな取引所?

zaif_01

こんにちは。

仮想通貨・株・FX・が趣味のクリプト(@cripto2480)です。

今回は、国内三大仮想通貨取引所の一つZaifについて書こうと思います。

Zaifはテックビューロ社が運営している仮想通貨取引所で、あの堀江貴文ことホリエモンがアドバイザーを務めていたこともあります。

ちなみに、テックビューロ社は2014年からビットコインに関する活動を始めていたのはご存知でしょうか?

テックビューロ社は、その年の4月にEtwingsという取引所を買収、更に7月にビットコインウォレットサービスを開始し、その後二つの機能を統合して生まれたのが

「Zaif」

です。

Zaifには国内に限らず、世界的に見てもユニークな取り組みを展開しており、現在多くの注目を集めています。

ここではその一部を紹介します。

Zaifのメリットとオススメ出来る理由

取引する度手数料が「貰える」

基本的にビットコインを取引する場合はその運営会社に対して手数料を支払うのが一般的ですが

Zaifでは取引をすると手数料が貰えちゃいます(マイナス手数料と言います)。

更に現在期間限定でmaker手数料が-0.01%から-0.05%に引き下げられているので、もらえる手数料がなんと5倍!

大盤振る舞いですね・・・経営の方が心配になりますが、ちゃんと国から認可を得ている仮想通貨取引所なので、しっかりした戦略の一つなんだと思います。

我々は遠慮なく恩恵を受けても問題なさそうです。

ちなみにmaker手数料とは取引板を作成する側のことです。

つまりこの価格で買いたい(売りたい)という注文を先に投げておく人のことです。

逆にmakerが注文した価格で仮想通貨を買う(売る)人をtakerと言います。

投資経験のある人であれば

maker = 指値注文
taker = 成行注文

と言った方がわかりやすいかも知れません。

ログインする度お金が「貰える」

zaif_03
なんと、取引だけじゃなく、毎日ログインするだけでお金が貰えちゃいます。

Zaifに預けられているビットコイン残高の0.01%のログインボーナスが貰えます。

ただ、上限は無限ではありません。

1日のボーナス上限額は100円ですので、年間の最大ボーナス額は 100円 x 365日 =

36,500円

がMAXとなります。

ただし、ログインボーナスを貰うためには最低3ビットコインが必要のようです。

今からだとなかなか難しいですね・・・。

豊富な取扱い銘柄!トークンの取引ができる

zaif_04

Zaifではビットコインやイーサリアムといった主要通貨以外にも、最近話題のモナコインや、更には独自発行のZaifトークンも取引することができます。

トークンに関しては聞き慣れていない方もいらっしゃるかもしれません。

仮想通貨は主に2つの種類分けることができます。

  1. カレンシー(通貨)タイプ
  2. アセット(資産)タイプ

トークンはこの2つの内、アセットタイプに属します(ビットコイン、イーサリアム等はカレンシータイプです)

カレンシータイプが非中央集権的に運用されているのに対し、アセットタイプは開発者自身が管理している通貨で、発行量も開発者が自由に決めることができます。

発行されたトークンは開発者も何割かを保有しているので、トークン価値を上げようとするので、キャピタルゲイン狙いの投資として機能しています。

有名どころではリップル(XRP)もアセットタイプの通貨ですね。

Zaifはこのトークンを扱っている、国内でも珍しい取引所になります。

ちなみトークンは海外取引所では当たり前のようにありますので、決してニッチな投資先ではありません。

国内企業とブロックチェーンを結びつける「COMSA(コムサ)プロジェクト」

zaif_05

Zaif最大の特徴はこのCOMSAプロジェクトにあると私は考えています。

COMSAの詳しい内容は(ここでは余りにも説明しきれないので)省きますが、簡単に言うとCOMSAとは、

「企業とブロックチェーンとの架け橋となることを目的とした、ビジネスプランやICOでの資金調達をサポートするプロジェクト」

のことです。

ICOとは株で言うところのIPOです。初期段階のプロジェクトが値段のついたトークンを数千万~数千億枚発行し、資金調達をする方法です。

このCOMSAが出てきたことで、日本のICO案件はこれから指数関数的に増えていく可能性があり、非常に期待されているプロジェクトと言えるでしょう。

もし時間があるようでしたら、ぜひCOMSAのホワイトペーパーに目を通してみて欲しいと思います。

内容を理解出来たら、このプロジェクトの意義に衝撃を受けるはずです。

https://comsa.io/ja/

COMSAについて詳しく知りたい方はこちらの記事で詳しく紹介しています。

[OsusumeLink postid="787" anchortext="COMSA(コムサ)とは?COMSAの購入方法を徹底解説!" osusumetitle="参考" blank="1" ]

(少しスクロールしたところに「ホワイトペーパーを読む」ボタンがあるのでそこからPDFをダウンロードしたら読めます)

次は私が個人的に思うZaifのあまり良くないところも紹介しておきます。

Zaifのデメリットとオススメ出来ない理由

ZaifはUIの使い勝手が悪い

これはあくまで個人的な感想ではあるのですが、正直、Zaifのサイトはあまり見やすいとは言えません。

直感的にサイト内を移動するのが困難と感じました。

操作が容易なのは、bitFlyerやcoincheckに軍配があがるでしょう。

ちょっと中級者向けの取引所の気もしますが、先ほど紹介したビットコイン積立等もありますから、初心者の方でも十分利用できる取引所でもあると思います。

クイック入金手数料が割高

Zaifはクイック入金の手段としてペイジーが使えるんですが、その手数料が他の取引所と比べると少し割高です。

仮想通貨取引所  日本円入金手数料
GMOコイン  0円
bitFlyer 324円
Zaif 486円

(3万円以上だと594円)

coincheck 786円

(3万~50万だと1000円、50万以上だと入金金額×0.108% + 486 円)

この表を見ると、

「コインチェック高!」

「GMO安!」

と思うと思います。ただこれにはからくりがあって、GMOコインはビットコインを購入する時の「手数料(スプレッド)」が他より割高になってます。

ですので

日本円入金

ビットコイン購入

ビットコイン売却

日本円出金

この一連の流れを行った時には、国内仮想通貨取引所では、大きなサービスの違いはないな言うのがボクの印象です。

理由としては、海外仮想通貨取引所のサービスに大きく差を付けられてしまっているからです。

今回は、Zaifの良いところ、悪いところを取り上げてみましたが、他の取引所にはない特徴などはご理解いただけたでしょうか?

興味を持って頂けたら、ぜひ公式ページを覗いてみてください。

次は、Zaifの口座開設について紹介します。

Zaifの本人認証には一カ月ほどかかるようです。
(2018/1/8現在)

理由としては、口座開設者が多数の為とのことです。

ですので、まだZaifの口座を持っていない方は、申込をして、本人認証だけ済ます事を強くオススメします。

Zaifの口座開設をしてみよう!

では実際にZaifの口座開設手順を説明します。

1.Zaifのサイトにアクセスします。

https://zaif.jp

2.「無料登録はコチラ」を押します。
zaif_06

3.ユーザー登録画面になるので、メールアドレスを入力して、「登録」を押します。

zaif_07

4.指定したメールアドレス宛にメールが届くので、URLをクリックします。

zaif_08

5.パスワード設定画面が開くので、パスワードを設定します。
zaif_09

Zaifでは強度の高いパスワードを要求されるので、パスワード生成サービスを利用するのがオススメです。

設定したパスワードは忘れないように、パスワード管理アプリ等を利用するのが良いでしょう。

パスワードを設定したら、利用規約と重要事項説明をよく読み、チェックしてください。
(利用規約と重要事項説明のリンクをクリックしないとチェックができないようになっています)

最後に「同意して登録」を押します。

ここまでで新規登録は完了です。ログイン画面が表示されるので、設定したメールアドレスとパスワードを入力してログインしてみてください。

zaif_10

ここからは本人確認の手順です。

Zaifでは本人確認しなくても取引は可能ですが、入出金に制限がかかったり、ログインボーナスを受け取れなかったりするので、特に理由がない限りは本人確認するのが無難です。

1.画面右上の「アカウント」をクリックします。

zaif_11

2.いくつか項目が出てきますので、その中から「基本情報登録」をクリックします。
zaif_12

3.全て入力して「変更」を押します。

zaif_13

4.次に本人確認書類を提出します。「本人確認」をクリックします。

zaif_14

5.「ファイル選択」から本人確認書類を撮影した画像ファイルを選択し、「アップロード」を押します。

zaif_15

運転免許証等、裏面の提出も必要な場合は再度「ファイル選択」から画像ファイルを選択後「アップロード」を押します。

zaif_16

全ての必要な画像ファイルをアップロードしたら、「アップロードしたファイルで申請する」を押します。
これで本人確認書類の提出は終了です。

6.最後に電話認証を行います。本人確認の画面から「電話番号認証」をクリックします。

zaif_17

7.既に基本情報で入力した電話番号が入力された状態になっているはずなので、そのまま「送信」を押します。

zaif_18

8.携帯に6桁の認証コードが届きます。「電話番号認証コード登録はこちら」を押します。

zaif_19

9.6桁の認証コードを入力し、「登録」を押します。

zaif_20

これで電話番号認証は終了です。

10.先程提出した本人確認書類の確認作業が、通常であれば、大体1~2営業日で終了し、その後郵便物が1週間程で送られてきます。

その中の本人確認コードを「郵送確認」画面から入力します。

zaif_21

以上で本人確認は終了です。

まとめ

今回はZaifの

  • メリット
  • デメリット
  • 口座開設方法

を紹介させていただきました。

Zaifはマイナス手数料や、仮想通貨の積み立て、トークンとうコインチェックやビットフライヤーにはないサービスを展開しています。

ちなみに、Zaifで扱えるトークンは以下の通りです。

  • XCP(カウンターパーティー)
  • ZAIF(ザイフ)
  • BCY(ビットクリスタル)
  • SJCX(ストレージコインエックス)
  • PEPECASH(ぺぺキャッシュ)
  • FSCC(フィスココイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • Zen(ゼン)
  • CMS(コムサ)

株やFXでは、取引する会社は1社で十分ですが、仮想通貨では、いくつもの取引所で口座を持っている方が良いです。

理由としては、取り扱っている仮想通貨の種類が違うからです。

ですので、Zaif単体で利用するより他の取引所と併用する方が、効率が良くパフォーマンスが発揮できると思います。

これを機にぜひZaifを使ってみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で